HENNA(ヘンナ)

原科植物 Lawsonia inermis L (別名:L.alba Lam.) [Family Lythraceae, ミソハギ科]

英文別名 Egyptian privet

和文別名 エジプトイボタノキ

概  要 灌木、葉は対生、芳香の強い花をつけ、約6mの高さになる。一般に、アフリカおよびアジア原産と考えられている。世界的に熱帯地域(エジプト,スーダン,中国,インド,フロリダ,西インド諸島など)で広く栽培される。乾燥した葉を利用する。主要生産国ははスーダン、エジプト、インドなど。

成分組成 0.55〜1.0%のローソン(2-ヒドロキシ-1,4-ナフトキノン)1,2) ;1,4-ナフトキノン3) ;5〜10%の没食子酸およびタンニン;約11%の糖類;樹脂;その他を含む(List and Horhammer)2.3)
全草から2種のキサントン(ラクサントン-Tおよびラクサントン-U)、ラクマリンと呼ばれる置換クマリン(5-アリロキシ-7-ヒドロキシクマリン)が単離されており、葉に存在すると思われる
4,5)
ローソンはヘンナの主要活性成分(染色および薬理上の)である。これはヘンナの樹皮、茎および根には存在しない。気候条件によりさまざまな濃度で葉に集中して存在し、熱帯地域では温帯よりもローソン含量の高いヘンナが産出される
1)。ローソンについては、ヘンノシドA,B,およびCといわれるその配糖体から分解と自動酸化によりできるという報告がなされている6)

薬効,生理活性 ローソンはさまざまな生理活性をもつ。Alternaria,Aspergillus, Absidia, Penicillium などの各菌種に対して0.1%(1000ppm)濃度で効果がある抗真菌作用(殺真菌性および静真菌性)を8,9)、Brucella, Neisseria, Staphylococcus, Salmonella, Stretococusなどに対して抗菌活性をもち、はじめの2種に対しては0.005〜0.02%(50〜200μg/ml)濃度で効果を示す1,3,10)。また抗腫瘍作用(マウスで肉腫180, ラットでウォーカー癌種256)10)、弱いビタミンKでの活性と同等の鎮痙作用などがある1,2)
ヘンナではローソンの抗菌作用に加えて、没食子酸や1,4-ナフトキノンを含むいくつかの抽出画分でも同じ活性が示されている
3)
ルテオリン、β-シトステロール、およびローソンを含むエタノール抽出物は抗炎症作用、抗ヒアルロニダーゼ作用、鎮痛作用があると主張されている
11,12)

利 用 法
 
[医薬,香粧品] ヘンナは非常に多くのヘアーケア製品(染毛剤、コンディショナー、リンスなど)に使用されている。ちがう色合いをつけるためにインディゴやロッグウッドなどの他の染料と混ぜなければ、ヘンナの長期使用により髪は橙赤色に変わる*。色を長持ちさせるには、ヘンナの処方に弱酸(クエン酸、ホウ酸、アジピン酸など)を加えることで弱酸性(およそpH5.5)にすると良い。(*注:欧米人の髪を対象としているため黒髪には適用しない/HP管理者)

 
[伝統医薬] 葉は数世紀にわたって中東、極東、アフリカ北部で、爪、手、毛髪、衣服などの染料として広く用いられている。また、肌の不調、頭痛、黄疸、アメーバ症、気分の落ちこみがひどい時、また癌などの手当にも用いられる1,13)

 
[その他] 強酸に弱塩基を混ぜる場合の滴定に、酸-塩基の指示薬としてローソンを使用できる14)
流 通 形 態 おもに原料のまま。
 [使用基準] 化粧品(毛髪用)への使用のみ、検査なしで着色料としても使用が認可されている。
文  献 
 
[概説書] Balsam and Sagarin;Jiangsu;Lust;Martindale;Merck; Morton 2;Rose;Terrell;Uphof; Wren.
1) M.S.Karawya et al.:Lloydia., 32, 76(1969)
2) A.Latif:Indian J. Agr. Sci., 29, 147(1959)
3) Y.Abd-el-Malek et al.:Zentralbl. Bakteriol., Parasitenk., Infektionskr. Hyg., Abt. 2, 128, 61(1973) ;through Chem. Abstr., 79, 62033c(1973)
4) D.K.Bhardwaj et al.:Phytochemistry, 16, 1616(1977)
5) D.K.Bhardwaj et al.:Phytochemistry, 15, 1789(1976)
6) G.J.Kapadia et al.:Lloydia, 32, 523(1969)
7) S.R.Munshi et al.:Planta Med., 31, 73(1977)
8) R.D.Tripathi et al.:Experientia, 34, 51(1978)
9) N.R.Farnsworth and G.A.Cordell:Lloydia, 39,420(1976)
10) O.Goncalves de Lima et al.:Rev. Inst. Antibiot., Univ. Fed. Pernambuco, Recife, 11, 21(1971);through Chem. Abstr., 77, 29629n(1972)
11) A.Gupta et al:Indian J. Pharmacol., 18, 113(1986)
12) S.B.Vohora and P.C.Dandiya:Fitoterapia, 63(3),195(1992)
13) J.L.Hartwell:Lloydia., 33, 97(1970)
14) K.C.Joshi et al.:Z. Naturforsch. B, 32B, 890(1977);through Chem. Abstr., 88, 3148g(1978)

引用:ENCYCLOPEDIA OF COMMON NATURAL INGREDIENTS
USED IN FOOD,DRUGS, AND COSMETICS
by ALBERT Y.LEUNG, STEVEN FOSTER
日本語訳 「天然食品・薬品・香粧品の事典」
監訳者:小林 彰夫,斎藤 洋(敬称略)

HOMEにもどる